読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学受験 合格する人たちが考えていること

受験生に応援メッセージ! 趣味はランニング、ビール、読書

早稲田大も上智大の「TEAP」導入 英語外部試験はますます広がる

f:id:sincerely6532:20170308092917j:plain

 

「英検2級でいい点をとれば、

早稲田の入試で、英語の試験を受けなくてよい

試験は国語と地歴の2教科だけ受ければいい」

という時代になる。

 

早稲田大学は今年の入試から外部試験を導入した。

文化構想学部と文学部で。

 

極端に言うと、

将来英語の試験がなくなるかもしれない

英語の評価は全て外部試験のスコアになるかもしれない

 

それほど外部試験利用入試は常識になってきている

各大学で、入試で英語の外部試験導入はますます加速している。

2020年からの新共通試験で英語4技能が問われることになるのを受けての動きだ。

 

早稲田は

「2032年の創立150周年までに全学部の授業の半分を外国語で実施し

専門分野を外国語で理解・表現できる人材を育てる」

というビジョンがあるらしい