読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学受験 合格する人たちが考えていること

受験生に応援メッセージ! 趣味はランニング、ビール、読書

大学入試

地域の「教育困難校」とよばれる学校があります

ある学校では、校長はじめ熱心な教員の主導で改革が行われ、

短期間で学校の評価が上がったり、進学実績が出る

という話はよくあります。

マスコミがこぞってこの改革を取り上げ、改革で知名度と人気を上げる学校もあります

 

その学校には困難な生徒が行かなくなりますが、

では、低学力層はどこに行くかというと

また別の「教育困難校」を生み出すことになるわけです

 

以前なら、何校かの「教育困難校」に少数づつ存在していたそのタイプの生徒は、

抜け出た1校に集中するようになるわけです。

 

そこで、生徒の学習の二極分化は、ますます進んで行くという仕組みです

特に高校では学力階層による差が著しいです

 

そろそろ大学に行く人数を絞り込む時代だと思います

首都圏のマンモス私大はじめ、地域の大学も少づつダウンサイジングしていゆき

適正人数に収めることが大事でしょう