読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学受験 合格する人たちが考えていること

受験生に応援メッセージ! 趣味はランニング、ビール、読書

大学入試に「プレゼン」があったら、必ずチャレンジすべき理由!

受験 大学受験 推薦入試

f:id:sincerely6532:20170221092102j:plain

入試に「プレゼンテーション」とあって、あきらめた人もいるんじゃないですか?

でも、高校の先生は指導ができないので

「そこはやめとけ!」ってことになりますよ!

 

入試でプレゼンテーションを行うことは難しいです

だけど、そこが第1志望なら、絶対チャレンジすべきです

 

なぜなら、プレゼンテーションの練習から学べるものはとても大きいからです

受験という狭いフィールドだけでなく、人生の経験値がアップします

自らプレゼンテーションを行うプロセスを学ぶことが将来の糧になります

実際、社会に出て会社勤めになるとプレゼンテーションを行うことが多くなるからです。

 

だめでもいいんです!

先生に「ぜひやりたい」ってごり押しして、チャレンジしましょう

 

プレゼンのやり方はいろいろな本がありますから、ここでは簡単に

 

① 文字は少なく、キーワードのみ

 パワポや、ポスターや、どんなプレゼンするにしろ

 文章をのせると本当に伝えたいキーワードが埋もれてしまいます

 キーワード+イラストや写真でスライドを構成することが重要です。

 

写真や、絵を使う

 人は話を最初から最後まで集中して聞いてくれません

 相手が話し手の話を追うことができるように、写真や絵を使いましょう

 話の筋に合わせてキーワードを示していくと、自分の話の内容が伝わります

 

まる暗記しない

 自分の話す内容を丸暗記して、思いっきり吐き出す人がいます

 丸暗記は絶対だめです。つかえたり、かんでも大丈夫です

 自分の言葉で、話を広げていけばいいからです。

表情、にこやかに!

 これが重要です。笑顔です。にこやかにプレゼンテーションを行います

 緊張して失敗したっていいんです。

 試験官は、生徒自身の言葉を聞きたいと思っています。