読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学受験 合格する人たちが考えていること

受験生に応援メッセージ! 趣味はランニング、ビール、読書

結局、アウトプット重視の英語は受験でも勝つ

TOEICは高得点なのに、話せない」…よく聞きます

逆に、「これからはアウトプット重視の英語だ、スピーキング重視だ」

と、文科省に何回言われても

「でもやっぱり大学入試が…」と考えますよね

「入試に対応できない」、「非常識」だ

なんて、高校現場では言われていると思います

 

でも、本当に逆ですよ

仕事で、「海外の人とやりとりしなければ、ならない

「英語を使わなければ、ならない」状況にある人ほど、

TOEICの点数伸びてませんか?

そのような人は、「TOEICの対策したから伸びた」のではなく

英語を使わなきゃ ならない から、TOEICも伸びたと思います

かくいう、私がそうです

 

「でも、大学入試とTOEICは違うし…」と思う方は、

学校で使う英文読解のテキストをがんばってください

 

英語は音で覚えなきゃだめですよ

そして、自分の興味のあることをアウトプットします

「いま現在の自分にとって必要なこと・好きなことを英語で表現する」こと

が、将来にわたる英語力になるし

センターだろうが、TOEICだろうが、できますよ

だって、大人だって、結局、話題の中心になるのは

「自分自身のこと」や「自分の身の回りのこと」ですよ!

結局、アウトプット重視の英語は受験でも勝つ

英語

TOEICは高得点なのに、話せない」…よく聞きます

逆に、「これからはアウトプット重視の英語だ、スピーキング重視だ」

と、文科省に何回言われても

「でもやっぱり大学入試が…」と考えますよね

「入試に対応できない」、「非常識」だ

なんて、高校現場では言われていると思います

 

でも、本当に逆ですよ

仕事で、「海外の人とやりとりしなければ、ならない

「英語を使わなければ、ならない」状況にある人ほど、

TOEICの点数伸びてませんか?

そのような人は、「TOEICの対策したから伸びた」のではなく

英語を使わなきゃ ならない から、TOEICも伸びたと思います

かくいう、私がそうです

 

「でも、大学入試とTOEICは違うし…」と思う方は、

学校で使う英文読解のテキストをがんばってください

 

英語は音で覚えなきゃだめですよ

そして、自分の興味のあることをアウトプットします

「いま現在の自分にとって必要なこと・好きなことを英語で表現する」こと

が、将来にわたる英語力になるし

センターだろうが、TOEICだろうが、できますよ

だって、大人だって、結局、話題の中心になるのは

「自分自身のこと」や「自分の身の回りのこと」ですよ!

「LGBTについてどう考えるか」と問われて、即答できない

英語

先日、英語ディベイト講習会に参加した際、

「LGBTについてどう考えるか」という話し合いがありました

私は発表者ではなく、見学していたのですが

正直、「日本語で言われても、うまく言えないな」と感じました

 

レズビアン、ゲイ、バイセクシャルトランスセクシャルの頭文字をとった

LGBT」という言葉が、最近注目を集めています。

日本中のすべての教室にいてもおかしくない」と言われても正直ピンときません

「女性だけが恋愛対象の男性」と「男性だけが恋愛対象の女性」は、

すべての性のうち、たった2つでしかない。と考えがちです

しかし、社会は、「性別といえば男と女、恋愛といえば男女交際」

という、「固定観念と偏見」に満ちている。というわけです

 

う~ん

これからは、無関心であったり、知識がないということは

許されないな、と感じました

大学入試

地域の「教育困難校」とよばれる学校があります

ある学校では、校長はじめ熱心な教員の主導で改革が行われ、

短期間で学校の評価が上がったり、進学実績が出る

という話はよくあります。

マスコミがこぞってこの改革を取り上げ、改革で知名度と人気を上げる学校もあります

 

その学校には困難な生徒が行かなくなりますが、

では、低学力層はどこに行くかというと

また別の「教育困難校」を生み出すことになるわけです

 

以前なら、何校かの「教育困難校」に少数づつ存在していたそのタイプの生徒は、

抜け出た1校に集中するようになるわけです。

 

そこで、生徒の学習の二極分化は、ますます進んで行くという仕組みです

特に高校では学力階層による差が著しいです

 

そろそろ大学に行く人数を絞り込む時代だと思います

首都圏のマンモス私大はじめ、地域の大学も少づつダウンサイジングしていゆき

適正人数に収めることが大事でしょう

2020年の大学入試センター試験廃止で教育はどう変わる?

大学入試

f:id:sincerely6532:20170302135350j:plain

文部科学省の教育改革によると

これからは「クリエイティブな思考力」を生徒・学生に身につけることらしい

日本のグローバル化が進み、言語だけでなく、文化的背景や宗教が違う外国人と共同生活が始まる

 

異なる文化背景を持つ外国人と、互いが納得できる答えを導き出すための「クリエイティブな思考力」が必要なのだ。

大学入試が変われば、小・中・高校の教育も変わる。

2020年の大学入試改革の成否が、国の将来を握っている。

 

ところで

では教師はどう変わっていく必要があるのか

保護者はどう変わっていく必要があるのか

 

いままでの「いい教師」とされる、実績があるカリスマ先生が必要なのか

いま考える「いい教師」とは、最適な目標を示し、「進路実績」を上げていく教師だろう

 

ではこれからは?

 

新中3生から、教育改革は始まる!

教師だけでなく、教師を見る保護者も変わらなければ

コミュニケーション力の必要性を裏付ける3つの力

読書

情報を正しく理解し、自分の考えをわかりやすく伝える力こそが

コュニケーション力

1、読書量、読書の幅

どんなことがあっても、どんな時代でも、読書量、

読書の幅が広い人の方が「語彙力」が高い。

また、小説だけでなく、「ノンフィクション」の本を読むことが「語彙力」によい影響を与える。

2、良質な対話の機会

高校生では親や学校の先生、要するに大人と話すこと

多様な年齢層や、関係の人々と対話する頻度が高いこと

それだけが「語彙力」を鍛える。

3、高校生にとって差がつくのは関心

高校生では社会や言葉への「関心」があるか

社会や言葉への「関心」は、「読書量」よりも「語彙力」との関連が高い

新聞やニュースを読んだりできることはそれだけで能力が高い

卒業おめでとう どの大学に行っても変わらんぞ!

受験 大学入試

f:id:sincerely6532:20170213162204j:plain

これからは大学の名前や権威なんか関係ない時代になる!

昨日は高校の卒業式でしたね

卒業生みなさん、卒業おめでとう

 

式が終わってから、何人もの卒業生があいさつに来てくれます

中には、

「お会いできませんが、メールで失礼します」

なんて、LINEをくれます

おー!いつのまにか、

そんな大人みたいなLINEの文を書くようになったんだなあ

と、もらったLINE一つでしんみりします

 

あいさつに来てくれた子の中には

進路が決まっている子

まだ国公立の発表待ちなので、落ち着かない子

東京に行くことになり、はしゃいでいる子

第1志望に受かり、張り切っている子

第2志望に行くことになった子

 

まあ、書き出せばきりなくたくさんいます

 

みんな!

どこに行っても同じだぞ!

これからは名前や権威なんか関係ない時代になる!

と、大きな声で応援します